アップリカ,チャイルドシート

アップリカのチャイルドシートについて

チャイルドシートがなぜ必要か

チャイルドシートの使用が道路交通法で義務付けられていることは知っていても、まだその重要性を軽視している方が、残念ながらいらっしゃいます。

「ちょっとそこまでだから、しっかり抱っこしていれば大丈夫」などと思っている方はいませんか? また、祖父や祖母が「そんなに気にしなくても大丈夫だって」などと言ってはいませんか? チャイルドシートの使用義務が法律で定められたのは2000年4月のことで、つまり今車を運転している人のほとんどは幼少期にチャイルドシートを経験していません。まして、今チャイルドシートが必要な年齢のお子様の祖父母の世代は、チャイルドシートの必要性が世の中に普及したころには、自分の子育ての時期が終わっていた人が多いです。そのため「チャイルドシートなんて大げさだ」「高速道路を長時間走るわけではないのだし」「子供(孫)が泣いて嫌がるのでかわいそう」という感覚をいまだに持っている人も少なくありません。


アップリカ,チャイルドシート

自動車が時速40Kmで衝突したとき、車内にいる人には自分の重さの約30倍の力がかかります。体重5.5kgの赤ちゃんなら、瞬時に約150kgの重さが加わります。両手でしっかりと赤ちゃんを抱きかかえているつもりでも、150kgもの力で放り出される体を腕力で支えることは不可能です。車内では人間と車の二度目の衝突がおきますし、赤ちゃんが車外に放り出されるかもしれません。
実際、警察庁/ITARDAの調べによると、チャイルドシートを使用しないで事故に遭い、幼児が死亡・重傷を負った事故の多くは時速40Km以下の速度での衝突です。チャイルドシートを使用していなかった場合とそうでない場合を比較すると、非使用の致死率は使用した時の約6倍以上となります。

アップリカ,チャイルドシート
アップリカ,チャイルドシート

チャイルドシートと事故についてはこのような事実があるので、法律で6歳未満の幼児にチャイルドシート(またはジュニアシート)の使用が義務付けられています。
赤ちゃんの出産後は病院から車で自宅に帰るその時からチャイルドシートが必要です。また、知人の車に乗せてもらうときにも、幼児の安全を確保するためにチャイルドシートの使用が必要です。運転者が幼児を同乗させる動機や理由が何であっても交通事故が起きたときの幼児の危険性は同じだからです。

チャイルドシートの種類

では、チャイルドシートにはどのようなものがあり、いつまで使わなければいけないのでしょうか。法律上は6歳未満の幼児にチャイルドシートを着用させる義務がありますが、理由は上記の通りで物理的な問題であり、法律に違反しなければよいというものではありません。体の小さな幼児がシートベルトを使用すると、事故のときにシートベルトが首の骨や内臓を傷つける危険性があります。そのため6歳を過ぎても身長が140cm程度になるまではチャイルドシート(またはジュニアシート)を使用してください。

アップリカ,チャイルドシート

チャイルドシートは乳児用・幼児用・学童用の三種類に分けることができます。

乳児用
アップリカ,チャイルドシート

乳児用は寝かせるタイプになります。乳児期は首が据わっていないためです。後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベットタイプ」があります。年齢の目安は新生児から1歳くらいで、体格的には体重13kg未満、身長70cm以下となります。

幼児用
アップリカ,チャイルドシート

幼児用は「前向きシート」として使用します。使い始める目安は、首が据わり、自身で座れるようになったころで、年齢の目安は1歳から4歳くらい。体重は9kgから18kg、身長は65cmから100cmです。

学童用
アップリカ,チャイルドシート

学童用は大人用の座席ベルトが使えるようにするために、座席を上げて背の高さを補ったり、腰ベルトの位置を子供の臀部に合わせるものです。年齢の目安は4歳から10歳くらい。体重は15kgから36kg、身長は140cm以下です。

アップリカ,チャイルドシート乗せおろしラクラク♪アップリカの回転式チャイルドシート

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートは子供の安全と生命を守るために大切なものですが、現在ネット上では安全性の低いものも販売されています。

国土交通省はチャイルドシートの安全基準を公開しており、その安全基準に適合した製品には、形式指定マークか形式認定マークが表示されています。これには、1998年11月まで使用されていた運輸省形式認定マーク、1998年11月から2002年12月まで使用されていた旧基準マーク、2000年1月から使用されている現行基準マークがあります。これには「自」の文字がマークとして入っています。また、2006年10月に欧州や米国の安全基準との相互承認が行われ、それには「E」の文字がマークとして入っています。この措置により、欧州の基準適合マーク(ECE規制 R44/33)や米国の基準適合マーク(FMVSS No.213)が日本で使えるようになり、これらの認証を受けていない製品を使用すると道路交通法違反になります。

アップリカ,チャイルドシート

しかし道路交通法に問われるのはあくまで運転時の未使用であり、未認証品の販売や所持自体は法的に規制されていません。そのため格安の未認証品がネット通販などで堂々と販売されています。

アップリカ,チャイルドシート

この未認証品について2017年2月に国交省が検証をしました。その結果はショッキングなものでした。ネット通販で販売されていた未認証のチャイルドシートのうち7製品を検証したところ、いずれも極端に強度が低く、安全基準を満たさないものでした。本体の大部分が布製で事故の衝撃を吸収する性能がなく、衝突実験で金具が壊れダミー人形が前方に放り出されたケースもありました。また、金具が腹部を圧迫し大けがをする恐れも判明しました。

インターネットで売られている未認証のチャイルドシートの安全性が極端に低いことが実証されたとして、国土交通省は大手通販サイトに対し取り扱いへの配慮を求めました。しかし要請には強制力はなく、大手であっても未だに販売を続けているサイトがあるのが現状です。国交省は衝突実験の動画を公開して危険性を訴えていますが、世間に周知されているとは言えず、見た目はそれっぽい格安のチャイルドシートが販売され続けています。

道交法の網の目をかいくぐるような自動車アクセリーの類は存在しており、それを全て否定するわけではありませんが、チャイルドシートの本来の目的を考えると、警察に違反切符を切られないためのそれっぽい安物を置いておけば良いというものではありません。しかし、現実はこのような残念な状況であり、消費者自身が自分の子や孫を守るために自己防衛しなければいけないのです。

アップリカ,チャイルドシートより進化した高度な安全性、アップリカのチャイルドシート。

アップリカのチャイルドシート

粗悪品の混じっている市場において、安かろう悪かろうという商品を掴んで大切なお子様を危険にさらさないようにするには、チャイルドシート選びが大切です。そのときに頼りになるのが、国産の有名メーカーのブランドです。具体的にはアップリカのチャイルドシートがお薦めです。理由は下記のとおりです。

国産メーカーだから

アップリカ,チャイルドシート

日本製だから高級だとか安全だといった神話のようなことは言わないにせよ、安かろう悪かろうが混じっている市場で、一見いかにも欧州や米国のメーカーのように見える会社でも、それは本当にそうでしょうか? 欧州の基準適合マーク(ECE規制 R44/33)や米国の基準適合マーク(FMVSS No.213)が本物であると見抜くことができるでしょうか?こんなときに、日本国内のメーカーであり、ウェブページや保証書や問い合わせ窓口が日本語であるということの価値は大変高くなります。

取付可能車種を確認できる

チャイルドシートは自動車の純正オプションではないので、製品によって取付可能な車種とそうでない車種が異なります。

アップリカは自社製品について日本国内で市販されている自動車で実際に取り付け試験を行い、その結果を自社ウェブページで公開しています。同様の取り組みは海外のメーカーでも行われていますが、それは自動車の型番や年式の国による違いも考慮して読まなければいけないことになります。

リコール情報を日本語で確認できる

チャイルドシートも工業製品ですので、メーカーが誠実に販売しようと思えば思うほど、リコールは発生します。その情報を日本語で確認できるのは大きなことです。